噴霧器

さまざまな害獣

大きな木

駆除にかかる費用とは

現在の日本国内においては、害獣による被害が増加してきています。害獣とは農作物や家屋など、人間の住環境に悪影響を及ぼす動物です。害獣にも種類があり、国内で多く見られる例としては、ハクビシン・アライグマ・イタチ・ネズミ・コウモリ、などが挙げられます。害獣と呼ばれる動物は他にも見られますが、上記のような動物による被害が多くなっています。これは、市街地や住宅など、人間との距離が非常に近い場所で見られるため、被害が目立ちやすいのが特徴です。これらの動物は、害獣駆除として処置が行われます。個人だけでの解決は難しいため、主には専門の害獣駆除業者に依頼されています。現在の駆除にかかる費用は、2万円前後からとなっていて、内容によって費用が変動する仕組みとなっています。

駆除において見られる特徴

日本国内に生息している鳥獣類の多くは、鳥獣保護法によって、許可のない捕獲や処分が禁止されています。個人で駆除を試みる場合は、役所に相談することが先決となります。その点でも、専門知識と技術を持った業者に害獣駆除依頼をすることが、長い目で見ても確実と考えられます。被害をもたらす害獣は、糞の害・騒音・糞尿や獣の匂い・ダニやゴキブリの発生・電気コードをかじられて出火の恐れ、などと様々な影響も予測されます。また、近年の害獣の被害においては、都市部にまで広がってきています。小さな子供のいる家庭や、雑菌やウィルスなどに対する抵抗力の低い状態であれば、被害も更に広がってしまう可能性があります。このように、その場限りの処置ではなく、確実な対応策の必要性が、害獣駆除における特徴となっています。